〒708-0833 岡山県津山市西新町38 ゴトウビル
AM8:00~PM5:00
定休日 日曜日 第2・4土曜日 祝日
トップページ > パッシブデザインの窓面積の計算とは!

お役立ち情報

パッシブデザインの窓面積の計算とは!

パッシブデザインの設計の中で

最も重要な単位に

U値(熱貫流率)があります。

単位はW/㎡K

外部と屋内の温度差が1℃の時

1㎡あたり何Wの熱移動があるかを表す単位になります。

ここで各所の熱貫流率を検証してみると

外壁や床では、結構良い数値0.35~0.45が望めます。

特に天井は、懐スペースがあるので

更に良い数値が望めます。

ここで問題になるのは

窓です。

外壁・天井・床と比べると

国の基準の4.65W/㎡Kでも

10倍以上性能が劣っていることになります。

昔のシングルガラスサッシでは

6.51W/㎡Kなのでそれは寒かった訳です。

上図は、日本で初めてトリプルガラスを作った

トリプルシャノンです。

さすがに良い数値です。

ここで、自由に設計をして

サッシの仕様や断熱材仕様を決めると

良い数値(UA値・Q値)を出すには

サッシや断熱材をかなりハイグレードにしないとなりません。

コストもかかることと思います。

それでまず

「野池式温熱省エネ基本計算ツール」の中の

「窓面積合計計算シート」を使います。

先に希望のQ値やUA値を仮定して

各所のU値を設定して、

そのQ値やUA値になる「窓面積」を算出します。

この内、主たる居室の床面積の20~35%を南の窓面積として

残りを3方の窓面積とします。

高性能を確保しつつコストも抑えられます。

これは、リクシルのレガリスで

U値は世界最高峰です。

ほぼ壁とかわりません。

5重ガラスで、間にはクリプトンガスが注入されています。

但しFIXの様です。


更に「お役立ち情報」を集める!

更に「お役立ち情報」を集めたい方は

毎月発行【弊社ニュースレター】アプリコット通信 無料!

購読の中止はいつでも大丈夫です!

特にこちらからの売り込みなどありません!

お気軽にお申し込み下さい!

更に直接「お役立ち情報」を集める!

更に直接「お役立ち情報」を集めたい方は

弊社では、更に詳しい内容の「最新の高性能住宅セミナー」

随時開催しています!

お一人での受講でも大丈夫です!

特に強引な売り込みなどありません!

お気軽にご利用頂ければと思います!

セミナーは、事前お申し込みをお薦めします!

事前お申し込みをされた方には

QUOカード2000円分を贈呈させて頂いています!

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
郵便番号必須
住所必須
セミナーを希望される方は、希望日時必須
ニュースレター購読希望する・希望しない必須
お問い合わせ内容任意

更に「お役立ち情報」を集める!

c値(気密性)がQ値(冬の暖かさ)に及ぼす影響を数値で見ると!

高性能住宅の各数値・単位を検証する!

高性能住宅のアクティブとパッシブの違いとは?