〒708-0833 岡山県津山市西新町38 ゴトウビル
AM8:00~PM5:00
定休日 日曜日 第2・4土曜日 祝日
トップページ > 高性能住宅のアクティブとパッシブの違いとは?

お役立ち情報

高性能住宅のアクティブとパッシブの違いとは?

高性能住宅には

ハウスメーカーが行っている【アクティブ】

主に地元の工務店が行っている【パッシブデザイン】

があります。

いったい何が違っているのでしょうか?

簡単に説明してゆきます。

まず熱は

温度(W)の高いモノから

低いモノに移動します

熱移動の3原則

・対流 ・伝導 ・輻射

実際の熱移動はこの3つの熱移動が複合されて

移動されます。

なので夏は・・・・・

外の熱が室内に熱移動されて

家の中が暑くなります。

冬は、暖房で暖めた内部の熱が室外に

熱移動されます。

なので家の中が寒くなります。

そうならないように

建物の隙間を埋めて

→高気密

良い断熱材を使って

→高断熱(U値を上げて伝達スピードを遅く)

要するに

高気密高断熱・・・です。

大手ハウスメーカーが昔から行っている

工法になります。

「アクティブ」と言われています。

外部と建物内部を

高気密高断熱で遮断して

影響を受けにくくしているので

室内は少ない電力(エアコン等)で快適です。

省エネになります。

これに対して

パッシブデザインですが

冬の寒い日でも

たまに太陽が昇ると

暖かいモノです。

でも、高気密高断熱にしてしまうと

暖かい大洋の熱(W)も遮断してしまいます。

高気密&高断熱に加え

冬は南の太陽の熱(W)を取込

夏は南の太陽の熱(W)を遮蔽 する工法が

パッシブデザインになります。

但しパッシブデザインの設計では

多くの計算や手間を必要とします。

日照を検討する【スケッチアップ】を使ったり

痛風では【卓越風】のデーターを使ったり

更には多くの計算を必要とする【蓄熱暖房】などがあります。

生涯高熱費計算結露判定室温シュミレーション・エアコン判定などもあります。

更に「お役立ち情報」を集める!

更に「お役立ち情報」を集めたい方は

毎月発行【弊社ニュースレター】アプリコット通信 無料!

購読中止は、いつでも大丈夫です!

特に売り込みなどありません!

お気軽にお申し込み下さい!

更に直接「お役立ち情報」を集める!

更に直接「お役立ち情報」を集めたい方は、

弊社では更に詳しい内容の

「パッシブデザインセミナー」随時開催しています!

お一人での受講も大丈夫です!

特に強引な売り込みなどありません!

お気軽にご利用頂ければと思います!

各セミナーのお申し込みは事前予約をお勧めします!

事前予約をお申し込みされた方にはもれなく

QUOカード 2000円分 を贈呈させて頂いています!

合わせて省エネガイドブック【岡山県版】もお付けさせてもらっています!

氏名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
郵便番号必須
住所必須
セミナーを希望される方は、希望日時必須
ニュースレター購読希望する・しない必須
お問い合わせ内容任意

更に「お役立ち情報」を集める!

20歳まで猫が元気で長生き出来る家づくり!

古材のススの是非について!

岡山県の一級建築士が解説!注文住宅の相場を知って理想の住まいを手に入れる五つの方法!